• WEB予約
MENU

義歯・入れ歯・インプラント

Denture・Implant

[Denture・Implant]

歯を失ってしまったら

歯を失ってしまう要因は様々ですが、どんな場合でも早期に治療を行う事が大切です。
そのまま放置してしまうと、隣の歯が倒れこんできてしまったり、咬みあう歯が伸びる様にスペースを寄せてきたり、失った部分の骨が減ってしまったりと様々な影響が出てきます。
それによって咬み合わせのバランスが崩れてしまい、顎関節などにも悪影響がでてしまい健康を損なう要因にもなってしまいます。

歯を失った場合の選択肢は、ブリッジ治療、入れ歯治療、インプラント治療の三つの選択肢があり、それぞれにメリット、デメリットが存在します。
当院では、歯並びや習癖、顎関節や骨の状態などお口の状態を総合的に判断した上で、すべての治療方法のご説明をさせて頂き、患者さまに向き合った最善の治療をご提案いたします。

インプラント

インプラント

当院では大学と提携した専門医による診断、インプラントオペを行っております

インプラント治療とは、歯を失った部分の顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を外科手術で埋め込み、その上に人工歯や特殊な入れ歯を装着して歯の機能を補う方法です。
人工歯根が顎の骨にしっかり結合すると、咬む力や噛み心地は最も天然歯に近いと言われています。
インプラント治療は失った部分単独の治療となるため、周囲の健康な歯に負担をかけません。また失った部位が広範囲に及ぶ場合でも対応が可能なため、ブリッジの様に歯の本数や状態に左右されることがありません。

インプラントは外科処置となるため、骨の状態や歯周組織の状態をきちんと把握し治療を行ってから処置をすることが重要です。そのため、事前に細部まで検査を行い、診断をする必要があります。
骨の移植など、その他の外科処置も必要になる可能性があり、治療完了までは長い時間と回数がかかる治療です。
骨の状態や組織の状態、口腔内環境によっては施術不可能な場合があります。また、骨に直接土台を立てるため、歯周病や骨の減少に影響されやすく、定着が悪くなると脱離する恐れもあります。周りの骨や組織が炎症や感染を起こす可能性もあることから、定期的な管理とメンテナンスが非常に重要です。

入れ歯

入れ歯

入れ歯は、一本から複数まで歯を失った部分に対応できる取り外し式の装置です。失った本数によって形態が変わります。当院では患者さんのニーズに合わせていろいろな入れ歯を選択できます。金属のバネを使わない目立ちにくい入れ歯や、装着感や使用感を向上させより細密な金属を使用した入れ歯もあります。
インプラントに比べると、外科手術のリスクがなく、治療時間的にも短期間ですみます。
他の歯を削ったり繋げたりすることも無いため、比較的他への負担が少ないのも特徴です。
半面、咬む力が弱く、粘膜に負担をかけてしまい状態を悪化させる要因になること。バネをかける歯に負担がかかり、また取り外しのため装着に違和感を感じやすく、自己管理が大変重要になるため正しい装着方法と管理方法を守る必要性があります。

ブリッジ

ブリッジ

失ってしまった歯の隣接した歯を支台にして、そのうえから連結した人工歯を被せる方法です。
支える部分が天然の歯を支台とするため入れ歯よりも咬める力は強くなります。また固定式のため、着脱による管理も必要ありません。歯の形態や並びの再現率も高く、違和感も少ないため多く選択される被せ物です。
保険外の物であれば、白いものやメタルフリーのもの等多数種類があり、審美性を損なわずキレイな歯を再現できます。
失った部位や本数によっては、保険では不可能な場合があります。また、支えるための他の歯の負担が大きくなり歯の寿命や状態に大きく影響を及ぼします。